カナダへ格安で留学する方法

★★カナダへ格安で留学する方法~2018年度版★★

☆誰でも簡単格安カナダ留学☆アクセス12.5万に達した知恵袋まとめとかを書いていきます。なにか相談したい人はkumi1011_loveアットyahoo.co.jp(アットを@にかえてね)まで

最近のバンクーバーについて~2018年度版~

あけましておめでとうございます~
ということで、
定番のメインブログもタイトルを2018年度版と変えたので去年~今年のバンクーバーの様子をまとめてみました。
因みに定番のメインブログとはこれです!

kumivancouver.hatenablog.com

もくじ

f:id:kumivancouver:20180103071243j:plain

ますます日本人の数が減ってる

まずは日本人について。 
今でもあちこちの昔の情報をそのまま信じている留学エージェントや個人ブログなどでさんざん
バンクーバー=日本人多い
というネガティブ情報を垂れ流していますね。私もこの記事書くときに、少し検索したけど相変わらずこの情報は多いです。
けど、2017年度のまとめ
kumivancouver.hatenablog.com

でも書いたことをもう一度書くと、

バンクーバーでは一昔前に比べると確実に日本人が減っています。

はい、こういっても信じてもらえないかもなので、まずはこちらをご覧ください。


f:id:kumivancouver:20180103065805j:plain
Jpカナダの求人掲示板

こちらはバンクーバーに来た方はだいたい一度はお世話になる、現地の日本人向け掲示板です。 ここでみんなアルバイトを探したり、中古品の売買をしたり、ルームメイトを探したりします。
で、ここに記載している求人の件数は2018年12月だけでも約600件あります。。。
(2018年1月2日現在)

参考までに、このJPカナダの求人掲示板の情報を転載してログを残している
カナダ求人ページ https://canadajournal.com/job.html
の2015年12月の求人数を数えてみると、48件。。
 こちらのログは、12月12日以前が11月と2週間程度ログが飛んでいる感じもするけど、仮に倍だとしても96件で100件に満たないです。ここ3年で、日本人アルバイトの需要が6倍になるほどレストランやお土産屋さんが増えたわけもないので、単純に人手部族なのが明白だと思います。

私のバンクーバーにいる友達は、超有名で何度もおいしい居酒屋ランキングで表彰されるところでさえ、人手不足で定休日を増やしたりして店長とかオーナーも総出で店を回しているって言ってました。その事情通の方から話を聞くと、どうやらバンクーバーでラーメン屋とか居酒屋とかが大成功したので、トロントにも支店を出すところが増え、結果的にトロントにも、数年前とは比べ物にならないくらい日本人の求人が増えた模様。その結果、昔は英語力がなくてアルバイト=バンクーバーだったのが、今はトロントにもできるので、留学生の数が2分されてしまったとのこと。。。

バンクーバーは昔から、なぜか日本人が多いという勘違いをする人が多かったみたいで、私が5年前に渡航した時もそういう噂がありました。でも実際にはこの前ブログ
kumivancouver.hatenablog.com

で間違いだと書きましたが、その傾向=日本人がますます少なくなる傾向はもっともっと強くなっている感じです。

一部の場所は全然日本人いないので安心してきてください!!

そんなに寒く無いバンクーバー

この話題も結構もう古いかもですが、いまだに言われ続けます。
今日のニュースでも、日本でこんな感じに取り上げられ、あたかもカナダ全域が極寒の地のようなイメージを植え付けるのに成功しています。

”極寒のカナダ、ペンギンすらも屋内に避難”goo.gl

でも、私が以前ブログで書いたように、カナダって言っても土地は広大で、たしかに寒いところ多いけど、バンクーバーは違うよって話です。今日だって2018年1月2日で、バンクーバーは午後2時で、気温は3度くらいですよ~(私のいるトロントは激寒でマイナス8度で雪降ってますし、ナイアガラは凍りますが。)

kumivancouver.hatenablog.com


この記事でも書いたけど、冬のバンクーバーの平均気温はほぼ東京の冬と同じ!! つまり冬に渡航する人も、東京からくるならばあえて防寒具とか来て来なくても大丈夫ってことです。ここ重要。 北海道とか東北とかからくる人だと実はバンクーバーのほうが暖かかったりします。

カナダは寒くてもバンクーバーは寒くないので正月1月1日に毎回、ポーラベアーって言って、日本でいう寒中水泳がイベントとしてあったりします。 これ、マイナス10度や20度だと不可能でしょ。 毎年恒例の行事なので、毎年寒いといっても激寒というわけではないのです!!
vancouver.ca

物価もバイト代も高騰

はい、あんまり留学関係のサイトだと触れられていないのでこれに触れてみます。 バンクーバーのあるBC州でも、トロントがあるオンタリオ州でも、最低賃金がまた値上げになりました。 バンクーバーだと時給はいま、$11.35になってます。。日本円では大体1000円位か。 一昔前は時給は8ドルだったことを考えるとかなりの上昇率です。 なのでそれに比例して物価や飲食店などのコストも劇上がり中で、昔は一杯$6で食べられたラーメンも今や$12。。。日本だと今でも一杯600円くらいで食べられますよね。。
家賃とかももちろん高騰していて、アパートマンションとか一軒家とかここ3-4年で2倍、3倍にもなっている模様。それに応じて家賃も高騰が続いているらしく、私がかつて住んでいたころ、バンクーバーや1ベットルーム3人でシェアして家賃は$400~$500位だったけど、今はその値段が$500~$700くらいまで徐々に上がっているとのこと。2-3人でシェアするからそれほど劇的に高いというわけでもないけど、生活コストは確実に上がった気がします。

家の値段はこんなに上がるとわかっていたら、両親に土下座して頭金用意して買っておくんだった。。私が昔済んでいたバンクーバーダウンタウンのボロアパート、5年前は30万ドルだったけど、いまは50万ドルとのこと。。。 これも毎年今はバブルで五日ははじけるから注意って言われ続けてきたけど、まだまだ値段は上がる様子で、不動産税とか、空き室税とかいろいろ工夫して政府も値段の高騰を抑えようとしているらしいけど、全然効果がないとのこと。

と、去年一年間のまとめはこんな感じでしょうか?


★★★★👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇★★★★

お役に立てたらクリックしていただけると嬉しいです。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

★★★★👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆★★★★

聞きたいことがある人はここにメールしてください!
kumi1011_loveあっとyahoo.co.jp
(あっとを@に変更してからメール送ってね)